ブルーベリーとプロポリスのサプリ

ミツバチの巣から抽出されたプロポリスには、さまざまな成分が入っており、ギリシャでは古くから傷口などに良いと言われ健康食品として使われてきました。
ブルーベリーは特に疲れ目に悩む人にとって注目の栄養素のアントシアニンが多く含まれています。
それぞれのサプリメントにはどのような効果があるのでしょうか。

プロポリスは古くから身体にとって良い効果がある、特に痛みや炎症などに用いると効き目がある、ということで民間療法として使われていた他にも、また風邪の時などにも効き目があるとも言われています。
文献などで確認ができる最も古いものでは、紀元前のギリシャにおいて傷口の治療などに用いられていたとされています。

「プロポリス」という言葉自体はギリシャ語に由来しています。
「プロ」はラテン語から変化したもので、守る、もしくは前という意味を有しています。
そして「ポリス」は町や都市という集合体を表している言葉ということから、巣というミツバチの集団を守るもの、という意味があるのです。

ブルーベリーは北アメリカ原産の低い木の果樹で、ツツジ科スノキ属という種類に分類されています。
鮮やかな濃い青色の小さな丸い実を付けることから、ブルーベリーという名前が付けられました。

ブルーベリーが付ける甘酸っぱい実は、そのまま食用にもなるだけでなく、ジャムなど菓子類にも加工されています。
そして料理用のソースなどにも用いられる他にも、化粧品の材料としても使われています。
ブルーベリーの実の色の元となっている、天然色素であるアントシアニンは、目が疲れた時などに摂取すると効果があるということが知られるようになり、サプリメントなどの栄養食品としても広く使われています。

抗菌作用があるハチミツの巣から抽出されたプロポリスと、ポリフェノールのアントシアニンを多く含むブルーベリーが含まれている栄養食品を摂取することで、疲れやすくなる体質を改善し、生き生きとした生活を送ることが期待されています。
プロポリスの人気サプリランキングhttp://propolis-navi.com/ranking.htmlも参考にしてみましょう。